Mon mariはフランス人〜日仏ほのぼの生活

アクセスカウンタ

zoom RSS べべちゃんとの長時間フライト

<<   作成日時 : 2013/01/06 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

今回の旅行では前半:南仏プロヴァンス、後半:パリで過ごしました。

往きは成田NRT〜パリ(CDG:シャルル・ド・ゴール)〜マルセイユ:MRSまで。
NRT⇒CDGは11,12時間程度
CDG⇒MRSは1時間程度

Mon mariはエールフランスの会員、私はデルタですがスカイチームで
マイルを貯めているので、エールフランス以外の選択肢はありません。

往きは2階立ての大きな機体だったせいか、プレミアムエコノミーに
アップグレードしてもらえました。
が、私の両親まではしてもらえず。。抱っこ要員は私とMon mariの2人に。

バシネット(bassinet:乳児用ベッド)は離陸して安定飛行に入ってから
取り付ける
んだそうです。
着陸する時もシートベルトサインが点くときに取り外されます。
その間は膝の上で、赤ちゃん用のシートベルトをします。

離陸着陸のときは何もしなくても泣かなかった娘ちゃん。
(ミルクとお水は飲めるように用意していたのですが)

バシネットに寝かせて、30分くらいは1人で遊んでいたのですが
画像
そのうちに
「ここから出してよー!」と泣き始めました。
画像
バシネットってこの穴(右側に見えているのと同じ)2つにベッドの金具を差し込んで固定するだけなのです。
こんなんで大丈夫なのか!?とちょっぴり心配でした。

アニメを見せてあげようとしてもスクリーンが気になるらしく
手で触ったり、蹴ったりする度にタッチスクリーンが反応して一時停止
画像

機内が暗くなって皆が寝始めても娘ちゃんは一向に寝る気配ナシ
初めての場所、沢山の人、騒音で興奮してたのかも。

抱っこして寝かしつけた!と思っても、バシネットに寝かせて数分後にまた泣き出す。。
の繰り返し。
食事もMon mariと交替で。
「ウェーン」と始まったら速攻で抱きかかえたので、泣き続けはしませんでしたが
すっごく疲れました。。

バシネットの壁裏の通路に出て抱っこしてスクワットしたりしてたので(笑)

こんな長時間、赤ちゃんだって疲れるし飽きますよね。

赤ちゃん連れの飛行機のは簡単じゃない!
Un voyage en avion avec un bébé, ce n'est pas facile !

パリからマルセイユの国内線では大半を泣いて過ごしてました
通路側の席ではなかったし、通路側だとしても立って歩き回るスペースもないので
もうどうしようも無かったんです

私の赤ちゃんはフライトの間、泣いた。
Mon bébé a pleuré pendant le vol.

国内線はバシネット無しなので、こんな感じでシートベルトを。
画像

機内のトイレにはおむつ交換台がありますが狭くて硬いです。
友達から聞いていたので、トイレに行く際には必ず下に敷くものを持っていきました。
私が使っているAden+Anais エイデンアンドアネイのモスリンラップはタオルより嵩張らないし、寝ているときに上からかけるのにもいいんです。

機内にはお湯を入れた魔法瓶、さ湯の入った哺乳瓶、ミネラルウォーターのペットボトルを持ち込みました。
荷物検査でも何も言われず、中身のチェックもされませんでした。

乗る直前に成田空港の授乳室でお湯を入れて、機内でも魔法瓶にお湯をもらい、
自席で調乳しました。
そのほうがいつでも作りたいときにミルクが作れます。
機内や出先のミルク作り用にキューブタイプのミルクを買いました。
これ、すっごく便利です。 こぼれないし、数え間違いもない(笑)
画像


帰りの便は小さい機体でエコノミー席のままでしたが、
娘ちゃんはぐっすり眠ってくれたので、帰りは読書や映画を観る余裕もありました

エールフランスでは乳幼児にはリクエストすればベビーフードがもらえます。
まだ離乳食を始めてないので、今回はもらいませんでした。
おむつや粉ミルクはもらえないので機内で使用する分は手荷物にして持参です。
(用意してくれてる航空会社もあるらしいのですが)

ちなみに往きは時差の影響があった私たちですが
帰りはなぜか私も娘ちゃんも時差ボケがなく
すんなり日本時間に戻れました。


応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

よかったらこちらもポチッとお願いします。
画像
人気ブログランキングへ

魔法瓶は軽さとカワイさで。 フランス語の単語が書かれているのも決め手に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
長時間の飛行機の旅、お疲れ様でしたm(_ _)m
赤ちゃん連れの飛行機はやっぱり大変なんですね…。
以前海外旅行に行った際、フライト中泣いている赤ちゃんをずっと立って抱っこしていたお母さんがいましたが、そういう状態だったんでしょうか( ; ; )
でも帰りはよく寝てくれたようでよかったですね(^-^)

我が家のちょめは今動きたくてしょうがない盛りで、動きを押さえつけられると泣くことがあるので、きっと飛行機に乗ったら泣いちゃうんだろうな〜(^_^;)
ぽっこし
2013/01/07 10:46
>ぽっこしさん
少し寝かせては起きたら交替で抱っこだったので、ずっとではなかったんですけれど。
周りへの気遣いでも疲れますね(^^;)
大人でも11時間のフライトは飽きるし疲れますよね。
動きたい盛りだと抱っこしててもじっとしなくて大変そうですよね〜
もっと月齢が小さいときに海外に連れて行った人は、ずっと寝てて楽だったそうです。
Anne
2013/01/08 19:10

べべちゃんとの長時間フライト Mon mariはフランス人〜日仏ほのぼの生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる